bpのお役立ち情報

結婚式

【6月の花嫁】ジューンブライドの意味・由来は?日本での上手な6月WDの叶え方!!

皆様、こんにちは。
6月になりそろそろ梅雨が近付いてきますねぇ。。。
雨が続くと少し憂鬱と感じる方も多いと思いますが、
雨の日も案外良いものですよ♪

wallpaper-rain-tn

雨が降ると、空気も洗われて草花の緑もキラキラ綺麗に見えます。
道行く皆さんの色鮮やかな傘が街を彩ります。
雨が上がると、空には虹が。

97210

ほら、雨模様も捨てたもんじゃないでしょ!?
梅雨を嫌う前に、梅雨の楽しみ方を考えてみませんか??

 

という事で、今回は『6月の花嫁』で有名な
【ジューンブライド(June bride)】についてご紹介したいと思います!

●_8725

結婚にまつわる言い伝えのひとつである「ジューンブライド」。
言葉自体は聞いたことがあるけれど、その意味や起源・由来について知らないという人も多いのでは?
なぜ、「6月の花嫁」がフィーチャーされるのか、その理由や6月ならではの結婚式のスタイルなどもあわせてご紹介します。
6月に結婚式を考えている方は必見ですよ!

 

ジューンブライド(June bride)とは? どんな由来・意味があるの?

 

「ジューンブライド(June bride)」とは、古くからヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えのこと。
意味や由来については諸説ありますが、
ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、
この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。
また、かつてヨーロッパでは、農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が禁じられていました。
そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、祝福ムードいっぱいだったからという説も。

 

ジューンブライドとなる6月は、日本では梅雨の季節にあたりますが、
海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節。
特に海外挙式を考えているカップルにとっては、最高のウエディングシーズンと言えます。
 

ジューンブライド(June bride)を上手に取り入れるには?

 


日本では梅雨の時期に差し掛かるジューンブライド。
お天気が気になるところではありますが、アイデア次第で上手に日本でのジューンブライドをかなえることができます。

 

◆入籍日(婚姻届出)を6月にする
一般的には、6月に挙げる結婚式のことをジューンブライドと呼ぶことが多いようですが、
「挙式」のことを指すか「入籍(婚姻届出)」のことを指すか正式な決まりはなく、6月に入籍(婚姻届出)することをジューンブライドと呼んでも問題はありません。
天候などが心配な方は、挙式は別の月にして入籍日のみ6月を選んでみては。

 

◆雨でも安心! 全天候型の結婚式場を選ぶ
結婚式場の中には、雨にも対応できるインナーガーデンや屋根付きテラス空間が用意されている会場もあります。
天候に左右されないので、雨が降った場合でも晴れの日と同じようにウェルカムパーティやフラワーシャワーといった演出が思いのまま。
また、ガーデンウエディングなど会場が屋外の場合も、別の場所で予定通りのプログラムが行えるところが用意されているのが一般的です。

 

6月の○○記念日を選ぶ
実は、6月には結婚式のテーマにぴったりの記念日が目白押しです。
毎年、6月第一日曜日は「プロポーズの日」、6月12日は「恋人の日」、6月第三日曜日は「父の日」。
ジューンブライドにプラスして、その日にちなんだサプライズ演出を取り入れてみてはいかがでしょう?

 

海外ウエディングを選ぶ
6月はヨーロッパの国々やハワイやバリ、モルディブなどのビーチリゾートが結婚式のベストシーズンを迎えます。
海外で結婚式を挙げるならこの時期がオススメです。

 

◆梅雨などの影響が少ないエリアを選ぶ
国内なら北海道は6月が旅行のベストシーズン!
ラベンダーが咲き誇る6月下旬~夏の時期は北海道ならではの写真が残せます。

 

 

6月の花嫁の特権! ジューンブライドにオススメのフラワーコーディネート

 

初夏を感じる6月は、この時期に旬を迎える花が多くあります。
花嫁に欠かせないブーケや会場装花を彩る、ジューンブライドならではのフラワーアレンジをぜひ取り入れて。 

 

◆6月のシンボルフラワー「紫陽花」

●_7903

6月を代表する花といえば、紫陽花(あじさい)。
結婚式でも人気の高い花で、小さな小花が集まっている姿から「家族団らん」「友情」「仲良し」という意味の花言葉を持ちます。
また、カラーバリエーションが豊富なところも紫陽花の魅力のひとつ。

 

▼紫陽花(あじさい)をウエディングケーキやテーブル装花に取り入れて。

●_8630

 

●_8616

幸せのジンクス「サムシングブルー」にちなんで、青色を散りばめるのもGOOD

 

ジューンブライドの意味を知ってステキな結婚式を!

 

ステキな由来や意味を持つジューンブライド。
この時期だから楽しめる結婚式のアイデアやコーディネートなどをたくさんご紹介しましたが、いかがでしたか。
古くから伝わる女神「Juno」に見守られた幸せたっぷりの6月の花嫁。
ふたりらしいエッセンスを加えて、あこがれのジューンブライドをかなえてくださいね! 

 

もっと色んな情報が知りたいという方は
bpブライダルプランニングまでご来店ください。
元ウェディングプランナーの私たちが詳しくお伝えします。
皆様のご来店予約、お待ちしています。

 

徳島でジューンブライドを叶えるならbpブライダルプランニング
bp谷内