bpのお役立ち情報

結婚式

今人気の「家族婚」ってどんなの?? 

今人気の「家族婚」。
bpに「家族婚」を希望されてご相談にいらっしゃるお客様も実際多くいらっしゃいます。
そもそも「家族婚」ってどんなものなの?と疑問を持たれている方もいらっしゃる
ことでしょう。
そこで今日は「家族婚」とはどんなものなのか?
どんな形式でできるのか?
費用はどれくらいかかるのか?
皆さんが気になる「家族婚」をご紹介してみたいと思います。

307

Q1「家族婚」とはどんなもの??

 

ご職場の方や友人は呼ばず、親、兄弟、ごく身近な親戚だけで式をするスタイルが
「家族婚」です。

 

「家族婚」を選択される理由は様々。
・結婚式本来の目的「育てて下さった親御様に感謝の気持ちを伝える」ということを
大切にご家族だけで絆を深めるセレモニーにしたいと考えて希望される方。
・「新しい命を授かったことが分かった(^^)急だけど式をしよう」と希望される方。
・「異動が多くて職場の方を呼べない」「この人を呼んでこの人を呼ばないというわけには
いかない、呼ぶ人数にキリがないからいっそ家族だけで」と考えて家族婚を選択される方。
・「目立つのが嫌。するならひっそり家族だけでやりたい。」と希望される方。
・「結婚式にかかる費用を出来るだけ抑えたい」と考えて希望される方。
・「たくさんの人を呼んでする結婚式は打合せが大変そう!忙しくて時間もないし」と
家族婚を選択される方。
などなど・・・

 

「家族婚」は規模が小さいことから比較的打合せ回数も少なく、短期間で準備することも
可能ですし、大人数を呼ぶ結婚式と比べると参列人数も少ないのでその分かかる費用も
少な目と言えます。
ただ、デメリットも。
「家族婚」=少人数の結婚式を取り扱っている式場が少ないのはネック。
また「お世話になっている方々に1度にお披露目をしていない」ので、職場の方や友人、
呼ばなかった親戚などから別にお祝いを貰い、その都度お返しをしていかなければ
ならない手間は増えます。
費用面においてもご祝儀をくださる参列者が少ないので、全体にかかる費用は少な目でも
お二人の持ち出し額は大きくなるとも言えます。
お二人の結婚式のスタイルが「家族婚」という形がベストかどうかは全体的に見て
判断する必要がありそうです。

 

 

Q2「家族婚」にはどんな形式があるの??

 

「家族婚」には次の大きく3つの形式が挙げられます。
1.挙式のみ県内の式場で行う
2.挙式+食事会を県内の式場で行う
3.海外や国内のリゾート地で挙式、食事会を行う

 

まず「1.挙式のみ県内の式場で行う」は県内の式場で挙式だけを参列者の立ち会いのもと
行うものです。
挙式の種類としては、教会や式場内のチャペルで行うキリスト教式、
神社や式場内の神殿で行う神前式、式場内のチャペルや神殿で行う人前式などがあります。

nice (270)

「2.挙式+食事会を県内の式場で行う」は、挙式を行ったあと、参列してくれた人たちと
お料理を囲んで両家の絆を深める会食も行うものです。
例えば、式は神社でして食事会は式場へと場所を移動して行うなど、
こだわりを持って挙式会場と食事会場を分けたいと希望する方もいれば、
同じ式場内で挙式と食事会をして時間や移動の手間を短縮して参列者の負担を
軽減したいとおっしゃる方もいらっしゃいます。

k (149)

「3.海外や国内のリゾート地で挙式、食事会を行う」は、今流行りの家族婚と言えるでしょう。
いわゆるリゾート挙式は、ハネムーンを兼ねて二人だけでというカップルが今までは
多かったのですが、最近ではあまり旅行に行けていない両親のために、
初海外に親御さまを連れていってあげたいなどの〝親孝行〟としての意味合いで
選択される方も増えています。
「リゾート挙式は親御さまからのリクエスト」というカップルもいらっしゃいます。
いろいろな旅行ツールが発達し、宿泊や飛行機もネットで手軽に手配出来るので
県外や海外もより身近に感じられるようになってきたからではないかと思います。

 

 

Q3.「家族婚」、いったい費用はどれくらいでできるの??

 

ここでは「家族婚」の費用の相場についてお話してみたいと思います。
「どういう内容で、何人でされるか」によって費用は異なります。
先に述べた「挙式のみ」となると、平均30万~40万円くらいが多いようです。
挙式のみといっても挙式料だけでは式は出来ません。
お二人の衣裳や着付け・ヘアメイク代金もかかりますし、二人や家族との写真を
残しておきたいと希望する方も少なくありません。

 

「挙式+食事会」となると、10名くらいで平均50万~70万円くらいは必要です。
20名くらいになると平均100万~120万円が相場となります。
参列人数が増えると、食事だけにとどまらず少し演出を入れたり、
引き出物を用意しないといけないということも出てきます。

 

「リゾート挙式」となると、平均150万~180万円くらいはみておかれた方が無難です。
リゾート挙式は、挙式にかかる料金だけではなく、旅行代金も発生するので
費用的には一番かかります。ただ、ハネムーンも兼ねていると思えばお得という見方も。
帰国後に、友人たちを招いて会費制のパーティを開くカップルが増えているのも事実です。

 

●まとめ  ~賢く「家族婚」を選択するには??~

 

「家族婚」と一口に言ってもたくさんの選択肢があるということが
わかっていただけたと思います。
参列人数やされる内容によっても費用に違いが出ることもお話ししました。
「ネットで検索しても式場があまり出てこなくて分からなかった」とご相談に来られる
カップルもたくさんいらっしゃいます。
またbpで話を聞いて「情報紙やネットでは選択肢に挙がらなかった自分達にぴったりの
族婚の形、式場に出会えた」とのお声をたくさんいただきます。
自分達に合った「家族婚」を選択するためには、私たちプロにご相談いただくのが
近道だと考えます。お二人の結婚式に対する考え方、イメージするやりたい式の内容、
譲れない条件、結婚式に対するご予算など、細やかにお聞きしお二人がこれだ!と
納得できる「家族婚」をご提案いたします。
正しい情報を得られれば選択肢が広がる、私たちはそう思っています。
「家族婚」を考えたいとお思いのかたは、ぜひ一度bpブライダルプランニングへ
お越しください。お二人だけの「家族婚」がきっと見つかるはずです。
お問い合わせはお気軽に!
皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

徳島で「家族婚」をするならbpブライダルプランニングへご相談を!    三間