bpのお役立ち情報

ハネムーン

【パスポートは新姓?旧姓?】新婚旅行予約時に気を付けて欲しい事!!

皆様、こんにちは。
秋のブライダルシーズンも過ぎ去り、今年も多くの家族が誕生された事と思います。
改めてですが、本当におめでとうございます!!

 

無事に挙式を終えられた方々の次なる楽しみとして最も多いのが
新婚旅行(ハネムーン)ではないでしょうか?

勿論、挙式前に婚前旅行として行かれる方もいらっしゃいますが
比較的挙式後に行かれる方が多い印象です。

 

bpでは旅行手配もさせて頂いており
大手旅行ブランドであるJTBや日本旅行、JALPACKなどを取り扱いしております。

 

今回は新婚旅行でありがちな
『知らんかったぁーーっ!!』
『先に聞いておけばよかったぁーーっ!!』
をお伝えしたいと思います。
もし、これから新婚旅行を企画しようとしている方々は必見ですっ!!

 

よくある質問
『結婚して新姓になりました。海外旅行の予約は旧姓?新姓?どちらですれば良いの?』

女性にまつわる事が多い話ですが、勿論男性も結婚によって新姓になる方もいますよね。
また新姓に変更したのは奧さんだけど、旦那さんが旅行の予約や手続きをする方も多くいますので、
男女ともにこれは知っておいて欲しいと思います。

 

☆最重要事項っ!!
【新婚旅行(ハネムーン)の海外旅行予約は”超絶”気を付けようっ!!】
海外旅行ではパスポートネーム(スペル)を間違えたら終わる・・・!

まず海外旅行の予約で何がトラブルになるかというと、予約を取る際の氏名です。
海外旅行にあまり行かない方にはピンとこないかもしれませんが、これは航空券の予約の最重要項目です!
予約する際は搭乗者の『パスポート通りの氏名(スペル)』を一文字も間違ってはいけません。
もし間違っていたら飛行機に乗れません。一文字間違えただけでもOUTです。ホントに。

 

予約時に何度も確認したけど、後になって『やっぱり間違えてたので変更してください』と言う方もいましたが、
残念ながら簡単にスペルを代えられることではないんですね・・・。
スペルが異なるという事は、異なる人物という認識になるので、基本的には飛行機の座席は取り直し。
満席であれば取り直しも出来ないし、出来ても手数料がかかる場合もあります。
予約をする場合は事前に『パスポートネーム(スペル)を必ず確認』してから予約しましょう!

 

ちなみに
『既に入籍して新姓になってるけど、旧姓のパスポート残存期間も十分にあるんやけど・・・』って方、
旧姓パスポートでの海外旅行は問題なく可能です!

 

これは案内すると意外と驚かれるんですけどね(笑)

 

旧姓のパスポートで出発する事を決めた場合、戸籍上が新姓になっていても旧姓パスポートの氏名(スペル)での手配が必要です。
〔例〕
旧姓〕 TANAKA HANAKO  ★旧姓パスポートで参加するなら「TANAKA」で予約
新姓〕 YOSHIDA HANAKO  ★新姓パスポートで参加するなら「YOSHIDA」で予約

旧姓パスポートで予約するなら、飛行機にはパスポート通りの氏名(スペル)でないと搭乗できないですよね?
そう考えるとお分かりいただけると思います。

 

なので、一度旧姓パスポートの名前で予約したら、その後は絶対に新姓のパスポートに変更しないでくださいっ!!
航空券が「TANAKA」なのに、「YOSHIDA」では搭乗できません・・・。

 

そして、こんなケースも正直対応出来ないのでご注意をっ!!
『予約時は旧姓パスポートで行くって決めて予約したけど、よく考えたらやっぱり新姓が良いので変更して欲しい』
ほとんどの場合、変更は出来ずに取り直しになります。
もし仮に運がよく変更に応じてくれたとしても手数料がかかってしまったりとメリットは一切ありません!
幸せなハネムーンでのトラブルは避けたいですもんね・・・、ご注意ください!

 

いかがでしたか?
今回ご紹介した内容以外にも知っておいて欲しいポイントはまだまだあります。
詳しく知りたい方、これから旅行を考えている方は
お気軽にbpまでご来店くださいませ。
経験豊富なスタッフが丁寧にご案内させて頂きます。
皆様の旅行が、素敵な思い出を残せるモノになりますように☆

 

徳島で新婚旅行を考えるならbpブライダルプランニング
bp谷内