bpアドバイザー日記 blog

結婚式をするならいつがいい?お日柄・六輝まる分かり

こんにちは。
連日の温かさで、休日には息子たちと公園に出かけて楽しむ事が多くなりました。
覚えたての自転車で走り回る長男と、それを三輪車で追いかける次男を微笑ましく見守っています。
春風で運ばれてくる大量の花粉に翻弄されながら。。。
皆様はいかがお過ごしでしょうか??

さて、気が付けばもうすぐGW。
結婚を考えている方の中には、このGWに『ご両親へご挨拶に伺う』や『両家お顔合わせを予定している』
なんて方も多いのではないでしょうか。
そうなると勿論ワードとして出てくるのは
『いつ結婚式するの?』だと思います。

『やっぱり大安がいいよね!?』
『最近は仏滅でも結婚式する人いるって聞いてるけど…?どうなの?』
『そもそもお日柄ってどう考えたらいいの?』

こんな疑問が聞こえてきそうです。
そこで、今日のブログではこちらについてお伝えしようと思います。

S_IMG_3433

【お日柄について教えて! ~六輝って何?~】

結婚式の日取りを決める際、多くのカップルが気にするお日柄。
そもそもお日柄とは、六輝(六曜とも記す)から成り立っています。
では、六輝とは何か?
六輝とは、暦に記される暦注のひとつ。
基本は月曜や火曜などと同じように、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つが繰り返されています。
それぞれの違いや結婚式によいとされている日取りをご紹介します。

☑大安(たいあん)
「大安」は「何事もうまくいく」とされる日。
午前と午後のどちらでも縁起が良い。
土日と結婚式が重なる日は特に婚礼が多い。
また特に土日祝の大安は大人気のため、希望する場合はとにかくお早めに!!

☑先勝(さきがち)
「先勝」は「先んずれば勝ち」と読み、「先」という言葉が入っている通り、
何事も急ぐのが吉とされている。
そのため、午後より午前がGOOD。

☑友引(ともびき)
「友を引く」という字面から、最近では結婚式を挙げたり、引出物をお送りしたりと
『幸せのおすそ分け』と考える事が増えています。
現在では大安と同じく結婚式の日程として大人気です。こちらもお早めに!!

☑先負(さきまけ)
「せんぷ」「せんまけ」など複数の読み方が。
「先勝」とは逆で、何事も急ぐのは良くないとされている。
午前より午後がGOOD。

☑赤口(しゃっこう)
「せきぐち」「あかぐち」など複数の読み方が。
良い日とは言えないけど、悪い日でもない。
特に牛の刻(午前11時~午後1時)は良いとされています。
結婚式の開始時刻がこの時刻に重なっているならGOOD。

☑仏滅(ぶつめつ)
本来、仏教とは関係がない言葉ではあるが、敬遠されがち。
慶事を避ける傾向があるのを逆手にとって、お得なウェディングプランを
準備している式場も多く予算を重視したカップルから支持がある。
その場合は、家族へ了承を得てから進めましょう!

いかがでしょうか?
こうして見てみると、やはり大安・友引に人気が集中する理由が分かりますね。
しかし、考え方や解釈の仕方はご両家や地域・文化によっても様々と言われています。
まずは、こうした大前提を知ってもらった上で、よくご家族と相談することをおススメします。

『なるほど!それぞれの違いは理解できた!』
『じゃあ、やっぱりお日柄によって予算も違ったりするんでしょ?』
『大安の方が、高いってイメージがあるんだけど…』

やっぱり気になりますよね!
そんな方は…
bpブライダルプランニングまでご予約・ご来店をお待ちしています!
bpでは季節限定プランやお日柄限定のプランなどもご紹介・ご提案させて頂けます。
どんな相談でもOK!
まずは、bpに来店して賢く、上手な結婚式準備を進めちゃいましょう!!
皆様のご来店をお待ちしております!

 

徳島で結婚式の事なら、bpブライダルプランニング 谷内

来館予約/お問い合わせは
お電話でお気軽に
088-656-6767
OPEN 11:00〜19:00 水曜定休
フォームから簡単
WEB来館予約
PAGE TOP